セルライトとは何か、溜まるとどうなる?

痩身エステ セルライト

セルライト(セル脂肪)を、体脂肪のがんこなものと考えている人が少なくありません。

 

ですが、もはや全く別のものになっています。体脂肪はダイエットやエクササイズで解消できますが、セルライトは無理です。

 

もし、強引にダイエットなどをすると、セルライトは全く減らずに、筋肉ばかりが減ってしまうことにもなります。

 

セルライトの解消には、普通の肥満対策とは、全く別の方法が必要です。それを理解するには、まずはセルライトの正体を知っておかなければいけません。

 

1.セルライトの見分け方と進行具合

 

1-1.セルライトと体脂肪の見分け方

 

もっともわかりやすい見分け方は、「オレンジピールスキン」です。オレンジの皮のように皮膚の表面が凸凹になります。

 

ただし、セルライトがたまりだした時からできるわけではありません。

 

オレンジピールスキンが見られるようならば、もうかなり進んでいます。すぐにでも対策をはじめなければいけません。

 

1-2,妊娠線との違い

 

セルライトのオレンジピールスキンと見間違いやすいものに、妊娠線があります。

 

妊娠線は、妊娠時に脂肪などが付き、その際に真皮や皮下組織がそれに合わせて伸びることができず、切れてしまった跡です。

 

おなかはもちろん、お尻、太もも、二の腕、ふくらはぎなど、セルライトと同じようなところにできます。

 

妊娠線の場合は、切れてしまった跡が、最初は赤っぽい色、次第に白い色に変わります。白くなったものは、数年たってもなかなか消えません。

 

2.セルライトの進行具合

 

・最初期
いくらかむくみがあるぐらいで、見た目にはあまり変わりません。ただし、そのむくみの部分を押してみると、弾力がなく、指の跡が少し残ります。

 

・初期
常にむくんでいる状態になります。よく見ると、オレンジピールスキンが始まっています。

 

・中期
一見してオレンジピールスキンがわかります。もはやお肌にはハリもツヤもありません。血行もひどい状態になっていますので、触ると冷たく感じます。

 

・末期
オレンジの皮というよりも、網の目のようになっています。病院で治療してもらうしかないレベルです。

 

3.セルライトの正体

 

3-1.セルライトと体脂肪の違い

 

体脂肪は一定の量は必要です。食事が取れなかった時には、エネルギー源となります。また、皮膚の下や内蔵の間にあることで、外からの寒い・暑いの刺激や、物がぶつかった時のショックを和らげます。

 

この体脂肪をためこみすぎて、まったく使わないでいると、体脂肪と体脂肪、さらに老廃物が混じり合い、ひっつきます。その混ざったものが、ほとんど固体のようになったのがセルライトです。

 

3-2.セルライトとむくみ(浮腫)・老廃物の関係

 

体脂肪などがセルライトへと変わるときに、大きくかかわっているのがむくみです。

 

むくみの正体は、皮膚の下でたまってしまったリンパ(リンパ液)です。

 

リンパはその中に脂肪を溶かして(血中脂肪)、体中の細胞へと届けます。細胞はそれをエネルギー源に活動し、その結果、老廃物が出ます。

 

その老廃物を受け取って、運び去るのもリンパの役割です。

 

ですから、リンパの流れが悪くなると、筋肉の中などに脂肪や老廃物が残り続けることになります。

 

これらが材料となって、セルライトができてしまうのです。

 

3-3.隠れ肥満とは

 

見た目には、全く太っていないのに、セルライトをたくさんため込んでいる人もいます。隠れ肥満と呼ばれる状態です。

 

太って見えないのは、筋肉が少ないせいです。一般的な肥満よりもさらに危険です。

 

体重が少ないから・太っていないからだけで、安心してはいけません。

 

3-4.セルライトを放置すると

 

セルライトを「太って見える」「皮膚が汚い」など、美容の問題とばかり考えてはいけません。

 

血管やリンパ管を押さえつけ、変形させてしまいます。こうなると、さらに血液やリンパが流れなくなります。これでいっそうセルライトがたまります。

 

これで引き起こされる症状は、慢性的な冷え性、肩こり、生理痛、腰痛、坐骨神経痛などです。

 

メンタルにも悪い影響を与えます。頭が重い・イライラする・疲労感がある・眠れないなどの症状があっても、はっきりした原因が見つからない不定愁訴になる場合もあります。

 

4.セルライトができる原因

 

4-1.直接の原因

 

セルライトができる直接的な原因は、カロリーオーバーと、リンパの流れが悪くなることです。

 

体脂肪が多過ぎ、また、老廃物を流すことができない、ということです。

 

5-2.間接の原因

 

カロリーオーバーになり、また、リンパが流れなくなる、そのまた原因としては次のようなものがあります。

 

・運動不足

 

消費するカロリーが少ない、というだけではありません。心臓をしっかり動かすこともなくなりますので、血液やリンパの流れも悪くなります。

 

・食生活の乱れ

 

食べ過ぎは、もちろんいけません。

 

また、添加物や保存料が使われている食べ物は、代謝を悪くします。同じ分食べても、消費するエネルギーが少なくなります。

 

・生活習慣の乱れ

 

睡眠時間が短い、就寝・起床時間が一定していない、ストレスの多い生活をしているなどは、ホルモンバランスを崩します。このせいで体脂肪がつきやすくなります。

 

・タバコ

 

タバコの害はたくさんあります。

 

毛細血管をつぶすので、血行が悪くなります。リンパは動脈から細胞へと浸み出し、リンパ管へと入ります。なので、リンパも流れなくなります。

 

また、発がん性物質を始めとした化学物質を4,000種類も含んでいます。これらの影響で代謝が悪くなり、消費カロリーが減ります。

 

・加齢

 

30代、40代、50代と進につれ、代謝が落ちます。細胞の活動が鈍くなるのです。

 

それに合わせて、食事量を減らせればいいのですが、若い時と同じようにしていると、それだけでカロリーオーバーになります。

 

5.原因別、セルライトのタイプ

 

セルライトのタイプを4つに分けて考えると、さらに原因がはっきりすることがあります。

 

・脂肪型セルライト

 

主にカロリーオーバーのせいで、体脂肪がたっぷり付き、それがもっとも主な原因になるセルライトの付き方です。

 

全体の約50%がこのタイプと考えられています。

 

・むくみ型セルライト

 

主にリンパの流れに問題があって、セルライトを作ってしまうタイプです。

 

約35パーセントいます。

 

・筋肉型セルライト

 

若い時に本格的なスポーツをやっていた人に見られます。

 

体を動かことが急になくなったせいで、筋肉がセルライトに置き換わってしまっています。

 

全体の約5パーセントしかいません。ただし、脂肪型・むくみ型にくらべ、さらに落としにくいセルライトです。

 

・線維化型セルライト

 

最初は脂肪型やむくみ型だったのに、それを長い間放置した場合に見られます。

 

しっかりとオレンジピールスキンになっているのも特徴です。

 

全体の約10パーセントです。対策はもはや専門家に任せるしかありません。自己流でやると、隠れ肥満になってしまう可能性も高いです。

 

6.セルライトができやすい人・できやすい部位

 

6-1.放っておいたらダメ、冷え性

 

冷え性は肥満の大敵です。セルライトとも深いつながりがあります。

 

冷えを感じるのは、血行が悪くなっている証拠です。手足の先など、体の先端で冷えを感じやすいのは、心臓から遠く、血液に十分に圧力をかけられないからです。

 

リンパは血液に比べ、ごくゆっくりとしか動きません。ですが、血液と連動しています。血行が悪く、冷えを感じるようなところは、リンパの流れも悪くなっています。

 

できてしまってからの対策ではなく、あくまで予防のための方法ですが、温める・血行の良くなる食べ物をとる・エクササイズなどで汗を流すなどを、心がけるようにしましょう。

 

6-2.セルライトがつきやすい部位

 

太もも、ふくらはぎ、お尻、お腹、二の腕などです。

 

下半身の部位が多いのは、ひとつには、心臓から遠い分、血行が悪いためです。また、重力のせいで、どうしても水分(血液・リンパ)がたまってしまうためです。

 

逆につきにくい部位は、手のひら、首、スネ、肩、腕の前面などです。背中もどちらかといえばつきにくいです。

 

7.セルライト解消で気をつけること

 

7-1.予防方法と対策を間違えないこと

 

セルライト対策として、たくさんの方法が紹介されています。

 

ダイエット、エクササイズ、ストレッチ、リンパマッサージ、ツボ押しなどなどです。

 

やって、無駄にはなりません。悪化するのを防いだり、まだセルライトがない人には予防になります。

 

ですが、すでにできている人の解決にはなりません。だからこそ、体脂肪と分けて考える必要もあるのです。

 

すでにエネルギーとして消費できないぐらいのしっかりした塊になったのが、セルライトです。

 

7-2.脂肪吸引は慎重に

 

様々な方法ととっても効果がなかった場合や、あまりに症状が重い場合、脂肪吸引などの外科手術も考えなければいけません。

 

メリットとしては、確実に効果があることと、吸引した部分は二度と体脂肪やセルライトがつかないことです。というのは、体脂肪をためこむ場所である脂肪細胞まで吸い出してしまうからです。

 

デメリットのひとつは、いくら手術方法が改良されたとはいえ、まだ危険性も残っている点です。

 

もうひとつは、吸いとった部分に体脂肪がつかなくなった分は、体のほかの部分についてしまうことです。

 

ですから、脂肪吸引した後は、肥満するような生活はすっかり改める必要があります。

 

7-3.やはりプロにおまかせが安心

 

セルライト解消で、必ずやらなければいけないのが、塊になったセルライトを打ち砕く、ということです。

 

ハンドマッサージでやることもあります。かなり強力に皮膚の下のセルライトを揉みしだくことになります。

 

素人がやると、セルライトは全くそのままで、血管やリンパ管、筋肉ばかり傷つけることになります。

 

ですから、ここはエステサロンに行き、エステティシャンらプロの人たちにお任せするようにしましょう。

 

エステサロンによって、この技に優れたエステティシャンをそろえているところや、様々なハイテクマシーンを使い、その効果でセルライトを砕くところとがあります。

 

エクササイズでエネルギーとして消費したり、リンパマッサージで押し流すことができるのは、そうやって、セルライトを砕いた後です。

 

具体的な方法は、やはりエステティシャンらにアドバイスしてもらうようにしましょう。

 

⇒セルライトエステ、おすすめの女性に高評価のサロンはこちら

 

 

セルライトの怖いところ

 

ダイエットの大敵と呼ばれるセルライトは女性にとって非常に疎ましい存在です。

 

成人している女性の約8割の方が体のどこかにセルライトができていると言われています。

 

男性よりも圧倒的に女性のお尻やお腹周り、太もも、二の腕に付きやすいものです。

 

セルライトの正体

セルライトの正体はただの脂肪だけでなく、余分な老廃物が組み合わさりできた塊だとされています。
周辺の組織を巻き込む形で繊維のように肥大化してしまい、そう簡単には減らせないのが大きな特徴です。
セルライトが付いた部分はデコボコとした皮膚になっており、やせ型の方でも付きやすいそうです。

 

なかなか落ちない

一度セルライトができると並大抵の努力では減らせないため、放置しているとどんどん蓄積していきます。
血行不良やむくみ、体の冷えを招き、更に血流やリンパの巡りが悪くなるため悪循環を招きどんどん太くなってしまいます。
どんなに一生懸命ダイエットに励んでもセルライト化した部分だけが細くなりません。
辛い食事制限や過酷な運動を重ねてもほとんど変わらないため途方に暮れてしまう方が多いです。

 

身体に深刻なダメージも

ダイエットの成果が現れにくいだけでなく、健康を害する可能性も高くなります。
全身の血行不良を招き、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こして最悪の場合は生命の危機に直面する可能性も高くなります。

 

その前の段階では肩こりや腰痛、頭痛等の不快な症状に毎日のように悩まされるかもしれません。
セルライトは決して見た目が悪い問題だけでは済まされないものだと覚えておきましょう。

 

≫≫女性に人気のおすすめセルライトエステランキングはこちら

 

関連ページ

気になる肌のデコボコ!セルライトって何?
セルライトができる過程、できやすいのはこんな人!
セルライトの種類と判断の仕方
セルライトが引き起こすデメリットと注意点
綺麗になるためのエステでのセルライト対策とは
エステで使うしぶといセルライトを撃退する機器
ダイエットとセルライトの関係性!
セルライトができる原因
セルライトを効果的に除去するなら痩身エステがいい!
痩身エステではどうやってセルライトをなくすのか(施術の方法について)
セルライトを取るためにエステを利用することのメリットとは
痩身エステでセルライトを消す時のデメリットってある?
セルライトエステの上手な選び方!失敗しない痩身エステ選びのコツ
セルライトは何回くらいエステに通えば効果がある?回数、期間はどれくらい?
セルライト除去は痛い?エステはつらいって本当?
セルライトエステで内出血やあざができたって本当?
セルライトの機械、エステで話題の痩身機器。3タイプの最新マシンを比較!
セルライトに効くマッサージ!足のリンパマッサージのコツと基礎知識。
太もものセルライト除去はエステでできる?お尻、ふくらはぎ、脚(足)痩せで美脚になる方法
セルライトの上手な消し方!効果的な潰し方をマスターしてスリムボディに。
セルライトを効率よく潰す、ダイエット方法をご案内しています。正しいやり方で短期間でセルライト除去しましょう。
よく間違える?セルライトと肉割れの違いはいったい何?
セルライト除去、失敗しないポイントおまとめ!
セルライトに運動は良くないって本当?エステに任せたほうがいい理由
妊娠中のセルライト対策、エステは大丈夫?
自宅でできるセルライト除去
ふくらはぎ痩せる方法は?即効で細くなるポイントはこれ!