太もものセルライト除去はエステでできる?お尻、ふくらはぎ、脚(足)痩せで美脚になる方法

セルライト エステ 太もも

 

セルライトの付きやすい部位、というのがあります。

 

二の腕、おなか、お尻、そして脚(足)です。脚の中でも、太ももとふくらはぎは特にできやすいです。

 

もし、体のあちこちにセルライトができているようならば、真っ先に太ももから解消するようにしましょう。
自分で太もものセルライトをなくそうとしても時間がかかるだけで、思うようにいきません。セルライトのエステへ行くのがやはり近道です。
ここでは、太ももののセルライト対策と、おすすめのエステサロンをお伝えします。

 

⇒おすすめの太ももセルライトエステ

1.セルライト対策は太ももから

理由のひとつは美容の面からです。

 

セルライトができるようならば、太いだけではなく、お肌も汚くなっています。

 

太ももが全く人の目に触れさせることができないようでは、ミニスカートなどは履けません。ロングスカートやパンツを選んだところで、シルエットがみっともないです。

 

また、健康の面からも、太ももを真っ先にする理由があります。

 

体の中で最も大きな筋肉が付いているのが、太ももです。大まかに全身の4分の1〜3分の1の量が太ももに集まっています。

 

その分、セルライトのたまる量も多いのです。

 

どの部位でも筋肉の質を良くしておくと、基礎代謝も上がります。太ももは筋肉の量が多いのですから、ほかの部位を改善するよりも、基礎代謝全体のアップにつながります。

 

これは全身の体脂肪やセルライトの解消にもいい影響を与えます。

 

2.なぜ、太ももにはセルライトができやすいか

 

2-1.セルライトとは

 

セルライトができる前には、必要以上の量の体脂肪が体に付きます。これにむくみが加わると、いつまでも老廃物が皮膚の下に居続けます。

 

この状態が長く続くと、体脂肪と体脂肪、さらには老廃物まで混じって、ほとんど固体になります。

 

このほとんど固体になったものが、セルライトです。

 

元は体脂肪だったとはいえ、こうなると、もはや別のものです。

 

体脂肪であれば、ダイエット(食事制限)で摂取カロリーを減らしたり、エクササイズで消費カロリーを増やすことで、エネルギー源として消費されます。

 

セルライトは、もはやエネルギー源にして燃やすことは無理です。強引にダイエットなどをすると、筋肉をエネルギー源として使ってしまい、セルライトは全く元のままになることもあります。

 

筋肉が少ないせいで、見た目には太っていないのに、セルライトがぎっしり詰まっていることになります。この状態が、よくいわれる隠れ肥満です。

 

2-2.太ももにセルライトができやすい理由

 

・女性は特に要注意

 

セルライト全般に、男性よりも女性にできやすいです。女性は筋肉の量が少なく、オーバーしたカロリーを消費しにくいことが影響しています。

 

さらに、女性の太ももには別の事情が加わります。

 

男性の場合、体脂肪がつくのは内蔵の周りのことが多いです。お腹がぽっこり膨らんだ、いわゆるリンゴ型肥満です。

 

女性の場合は、お尻や太ももに集中的に付きます。洋ナシ型肥満です。

 

この太ももに付いた体脂肪がセルライトの材料になってしまうのです。

 

・太もものセルライトとむくみ

 

むくみの正体は、血液、体液、リンパ(リンパ液)といった水分です。なかでも、リンパです。

 

水分であるからには、下の方にたまります。

 

また、脚は心臓から遠いため、血液にしっかりと圧力がかかりません。

 

リンパは動脈から染み出し、体の組織を通り、リンパ管へと吸収されます。血液に圧力がかかってないと、リンパも抜けていきません。

 

こういったように、脚にはむくみやすい理由がいくつもあります。

 

リンパには細胞が活動するためのエネルギー源である脂肪(血中脂肪)が溶け込んでいます。また、細胞が活動した結果できた老廃物も溶かし込んで運び去ります。

 

リンパが動かないでいると、血中脂肪や老廃物が、その場所で体脂肪やセルライトへと変化してしまうのです。

 

⇒おすすめの太ももセルライトエステ

3.太もものセルライト解消方法

 

3-1.体脂肪対策やむくみ対策と間違えない

 

太ももに限らず、セルライト解消方法はたくさんの種類が紹介されています。

 

代表がリンパマッサージでしょう。あとはエクササイズ、ダイエット(食事制限)、ストレッチ、ツボ押し、半身浴などなどです。

 

これらだけで効果のあるのは、セルライトになる前の体脂肪のうちです。

 

リンパマッサージなどにとりかかる前に、セルライト柔らかくしておかなければいけません。グニュグニュといえる状態まで持っていきます。

 

そうでないと、セルライトはずっとセルライトのままです。

 

3-2.まず、温める

 

セルライトをグニュグニュにするのには、マッサージか、それと同じ効果のある機械(マシーン)を使います。

 

いっそう効果を出すためには、先に体を温めておきましょう。軽いエクササイズ、ストレッチなどでもいいです。もっともお手軽なのは入浴です。

 

3-3.セルライトを柔らかくするマッサージ

 

太もものセルライトを柔らかくするマッサージでは、両手を使います。

 

左右の手をそろえて、指も手のひらもいっぱいに使い、親指も広げてワシづかみにします。

 

そうやって、太ももの肉を少し浮かせた状態にして、手の中にある分を揉みます。

 

セルライトのできている部分を中心に、順々に場所を変えていきます。左右各10分ぐらいがメドです。

 

3-4.焦ってはダメ

 

肥満対策のマッサージとしては、もっともよく使われるのは、リンパマッサージです。この場合は、揉むというよりもさするようにします。

 

これに対し、セルライトを柔らかくするためのマッサージは、きちんと力を入れて、揉みしだく必要があります。

 

といっても、力任せにやってはいけません。アザができたり、痛みが残るようでは、血管やリンパ管が傷んでいます。こうなると、リンパはいっそう抜けにくくなり、セルライトは悪化します。

 

3-5.機械(マシーン)を使う場合

 

このセルライトを揉みしだく手の動きを、もっと効率よく手軽にやるための機械(マシーン)があります。

 

まず、皮膚を吸引して、太ももなどの筋肉の一部を持ち上げます。そうやってつまみ出した状態で、この部分に回転式のローラーを当てます。

 

エステサロンで採用されている業務用の機種としては、エンダモロジー、PRセル、ルミセルタッチなどがあります。

 

エンダモロジー ⇒ シーズラボで使えます
ルミセルタッチ ⇒  シーズラボで使えます
PRセル ⇒  ベルルミエール

 

 

3-6.あとはリンパマッサージ

 

こうやって、セルライトを柔らかくしたら、そのままではもったいないです。次にリンパマッサージに移りましょう。

 

両方の手の指で大きな輪を作り、ヒザから脚の付け根の方に絞り上げていきます。

 

あるいは、ストレッチやヨガなどで、太ももの部分の血液やリンパを流れやすくするのもいいでしょう。

4.自分でやるよりもエステサロンへ行こう!

 

4-1.自分でセルライトを潰すのは難しい

 

実はセルライトを潰すためのマッサージは難しいです。「力任せにやるな」といわれていても、ついやってしまいます。

 

また、うまくやれていても、それを確認するいい方法もありません。

 

実はプロであるエステサロンのエステティシャンでさえ、アザを作るばかりで、セルライトは全く潰せていないようなこともあります。

 

最初は自分でやってみても、しばらくして変化がない、あるいはアザを作るばかりというのならば、自分でのマッサージはあきらめた方がいいでしょう。

 

ちゃんと評判のいいところを選んで、エステサロンに通うようにしましょう。

 

4-2.ほとんどのエステで、複数の方法を使う

 

エステサロンの中には、優れたスキルを持っているエステティシャンによるハンドマッサージを中心にしているところや、高性能のハイテクマシーンを売り物にしているところなどがあります。

 

ただ、どの方法にするにしても、なかなか効果を出しにくいようです。多くのエステサロンで、ハンドマッサージにいくつかのハイテクマシーンを組み合わせています。

 

セルライトまでできている状態というのは、肥満の中でもかなりの重症です。じっくりと取り組むことが必要です。

 

太もものセルライト除去できる、おすすめエステはここ

 

シーズラボ
太もも エステ
・太ももしぼり出しコース

 

シーズラボには、太ももなどの脚やせ専門のコースがあります。下半身を集中的に痩せたいという時におススメです。

 

また、セルライトに特化した専門コースもあります。
・セルライト対策コース

 

使うマシンに少し違いがありますが、太ももを集中的に細くしたいなら「太ももしぼり出しコース」でセルライト対策もできるのでおすすめです。
⇒シーズラボの詳しい情報はlこちら

 

ヴィトレ
・オーダーメイドスタイル革命

 

 

⇒その他の太もものセルライト除去できるエステ

 

部分別セルライト対策。パーツ美人のポイント

 

セルライトは放置してはいけません。単に見た目が悪いだけではありません。健康そのものにもダメージを与えてしまいます。

 

「セルライトのつきやすい部位」は、おなか、お尻、そして脚(足)です。

 

中でも脚はやっかいです。一言で「あし」と呼んでいますが、下から順番に、足の甲、足首、ふくらはぎ、ひざ、ふとももとたくさんのパーツを含んでいます。

 

また、太ももはそのままお尻につながっています。

 

これらのセルライトを効果的に退治するには、それぞれ別の対策を立てる必要があります。

 

足の甲と足首

足の甲や足首は、すぐ下に骨があります。ついている筋肉は薄いので、本当は簡単にはセルライトの付く部位ではありません。

 

なのに、足首などが太くなるのは、この部分だけに問題があるのではなく、脚全体や体全体の血液やリンパの流れが悪くなっていることが多いです。

 

ですから、たとえ一番気になるのが足の甲や足首であっても、ここだけを集中的にケアしてもだめです。太もも、お尻なども一緒にやるようにしましょう。

 

足の甲と足首に対するケアとしてのおすすめは、リンパマッサージです。

 

握りこぶしを作って、そのこぶし部分で、足の甲を先端から手前側にさすります。左右、5回ずつやるようにします。

 

思わず力が入ってしまうかもしれません。ですが、薄い肉の部分の血液とリンパを流すだけです。優しくやるようにしましょう。

 

足首のリンパを流すには、足首そのものよりも、アキレス腱回りを狙うようにします。

 

親指と人差し指でアキレス腱をつまむようにします。これもかかとに近い側からふくらはぎの方へと、優しくさすります。

 

やはり、左右5回です。

 

すね・ふくらはぎ・ひざ下

すねやふくらはぎなども、家庭で手軽にできるセルライト対策は、リンパマッサージです。

 

左右の親指・人差し指の4本で輪を作り、締めあげるようにして、足首からひざへとさすっていきます。

 

最後は「ひざにあるリンパ節(リンパ管の固まり)に血液とリンパを送り込む」とイメージします。

 

ですが、効果を期待し過ぎないようにしましょう。

 

セルライトと一般的な体脂肪は違います。食事のカロリー量を減らしたり、運動をしたり、リンパマッサージではあまり影響を受けません。

 

セルライトはすでに凝り固まっています。最初に「セルライトをもみほぐす」ということが必要です。

 

これにはかなり強力なマッサージなどが必要です。素人が見よう見まねでやると、セルライトは一向に軟らかくならず、筋肉や血管ばかりをつぶしてしまいます。

 

「ここまで放置した自分が悪い」と割りきって、プロにお任せするようにしましょう。エステサロンにある「セルライト対策コース」を受けるようにします。

 

エステサロンごとに、特徴があります。筋肉・脂肪・セルライトををもみほぐすためのハンドマッサージが中心のところもあれば、各種のハイテクマシーンでセルライトに働きかけるところもあります。

 

とはいえ、いくらプロだからといって、任せきりにしてはいけません。

 

自分でもできることはやりましょう。そうすることで、効果も確実になります。なによりも、エステサロンでのコースが終了した後の再発を防ぐことにもなります。

 

この場合の対策は、リンパマッサージ、食事制限、エクササイズなどです。特別なものはありません。

 

太もも

「もうエステなどのプロでないと対処しきれない」「それでも自分できる対策はする」というのは、ふくらはぎと同じです。

 

実は、太ももはふくらはぎよりもさらに厄介です。太くて大きいだけではなく、筋肉の量も格段に多くなります。体の中でも最大の筋肉の量があるのが太ももなのです。その分、セルライトも大量に付きます。

 

ここへのリンパマッサージは、ふくらはぎのように下から上への動きだけでは不十分です。

 

両手の人さし指・親指で輪を作り、親指は太ももの外側に来るようにつかみます。

 

これを左右に揺らしながら、ひざの上から脚の付け根までさすっていきます。

 

また、太ももの肉がたるみ気味の人は、両手でその肉を横向きで鷲づかみにします。その状態でひざから脚の付け根まで、するようにしてずらしていく方法もあります。

 

肉が硬い人はその代わりに、軽くリズミカルに、両手のこぶしで太ももをたたいていくのがいいでしょう。

 

これもひざから順番に上へと持っていくのが原則です。

 

お尻(ヒップ)

 

お尻は自分では見えません。そのせいで、脚にばかり気がいっている人が多いです。ですが、脚にセルライトができるぐらいならば、お尻にもできているでしょう。

 

お尻のリンパマッサージは、ふくらはぎや太もものように、手の指の間にすっぽりと入れることができません。ですから、手のひらを使ってさすっていきます。

 

あるいは、太ももでやったように、肉をつかんだり、こぶしでたたきます。

 

この時も、原則は「下から上」です。お尻の場合も、皮膚に近いところのリンパや血液の流れは同じ方向ですから。

 

また、腰回りのストレッチも採り入れたほうがいいでしょう。

 

腰の周辺が軟らかくなると、お尻のリンパの流れも良くなります。

 

そもそもセルライトって、なに?

セルライトが付いた状態を、単に「重症の脂肪太り」と考えている人が少なくありません。

 

この考えは改めましょう。

 

セルライトは、体脂肪と体脂肪、さらには老廃物が混じり合い、もはや固体に近くなったものです。

 

体脂肪の段階までならば、食事制限(ダイエット)、エクササイズ、ストレッチなども効果があります。

 

ですが、それをすぎセルライトにまでなったならば、もはや別のものです。この「固体」を放置したまま、食事制限などをすると、効果がないばかりか、もっと困った状態にもなりかねません。

 

セルライトはそのまま残り、必要な筋肉ばかりがやせ衰えていく危険性があります。

 

それが進んだ状態が、「隠れ肥満」です。

 

最優先でやるべきことは、まずは「固体状態のセルライトを、軟らかくする。せめてグニュグニュ状態まで持っていく」です。

 

先にもご説明しましたが、これは素人では無理です。エステサロンなどに行き、プロにお任せしましょう。

 

とはいえ、「時間がとれない」「費用が用意できない」といった理由で、それが無理な人もいます。

 

次善の策として、家庭用のマッサージマシンなどを検討してみましょう。

 

エステサロンなどでも使われているのと同じ仕組みのものが、家庭向けで用意されるようになってきています。

 

これらの方法で、セルライトが軟らかくなった後ならば、リンパマッサージやストレッチ、食事制限なども効果が期待できます。

 

⇒セルライトエステランキング、女性に人気のおすすめサロンはこちら

 

関連ページ

気になる肌のデコボコ!セルライトって何?
セルライトができる過程、できやすいのはこんな人!
セルライトの種類と判断の仕方
セルライトが引き起こすデメリットと注意点
綺麗になるためのエステでのセルライト対策とは
エステで使うしぶといセルライトを撃退する機器
ダイエットとセルライトの関係性!
セルライトとは何か、溜まるとどうなる?
セルライトができる原因
セルライトを効果的に除去するなら痩身エステがいい!
痩身エステではどうやってセルライトをなくすのか(施術の方法について)
セルライトを取るためにエステを利用することのメリットとは
痩身エステでセルライトを消す時のデメリットってある?
セルライトエステの上手な選び方!失敗しない痩身エステ選びのコツ
セルライトは何回くらいエステに通えば効果がある?回数、期間はどれくらい?
セルライト除去は痛い?エステはつらいって本当?
セルライトエステで内出血やあざができたって本当?
セルライトの機械、エステで話題の痩身機器。3タイプの最新マシンを比較!
セルライトに効くマッサージ!足のリンパマッサージのコツと基礎知識。
セルライトの上手な消し方!効果的な潰し方をマスターしてスリムボディに。
セルライトを効率よく潰す、ダイエット方法をご案内しています。正しいやり方で短期間でセルライト除去しましょう。
よく間違える?セルライトと肉割れの違いはいったい何?
セルライト除去、失敗しないポイントおまとめ!
セルライトに運動は良くないって本当?エステに任せたほうがいい理由
妊娠中のセルライト対策、エステは大丈夫?
自宅でできるセルライト除去