セルライトの機械、エステで話題の痩身機器。3タイプの最新マシンを比較!

痩身エステ マシン

 

痩身エステでは、いろいろな痩身マシンを使ってダイエットを強力にサポートしてくれます。

 

ただ、各社どんどんと新しいマシンを導入してくるので、喜ばしいことですが

 

正直何が違うかよくわからない

 

エステを比べてもどっちが自分に向いてるかわからない

 

という声も多いです。

 

ここでは、セルライト対策や自分の目的に合ったマシンを選ぶためのポイントをお届けします。

 

まずは痩身マシンには大きく3つのタイプがあります。

 

@皮膚に微弱な電流を通し、自動的に筋肉運動をさせるもの

 

Aラジオ波(電磁波)・光線のエネルギー使ったもの

 

Bローラーなどで直接的に皮膚を揉みしだくもの

 

また、これらの機能を複数組み合わせたようなものも、たくさん開発されています。

 

2.痩身マシン

2-1.皮膚に微弱な電流を通し、自動的に筋肉運動をさせる

 

この仕組みをEMSといいます。「electrical muscle stimulation」のことです。直訳すると「電気的筋肉刺激」です。

 

皮膚に2つかそれ以上の電極を貼り付けたり、電極を仕込んだベルトを目的の部位に巻きます。これらの電極から、微弱な電流を通します。

 

電流のオン・オフを繰り返すことで、筋肉が縮こまったり、緩んだりします。

 

これで運動しているのと同じか、それ以上の効果を出します。そのため、「筋トレ系マシン」などと呼ばれることがあります。

 

多くのエステサロンで採用されています。
⇒ヴィトレ (EMS)
 FAVORIX GROUP(クロスシェイカー)

 

また、家庭用の商品もたくさん開発されています。
通販での人気商品としては、「スレンダートーン」や「SIXPAD」があります。
EMSはセルライトエステでどう活用されている?EMSの身体への影響見ついて

2-2.ラジオ波(RF、電磁波)・光線のエネルギー使ったもの

 

・2-2-1.ラジオ波(RF,電磁波)
エステサロンで採用されている業務用では、
「サーモシェイプ」「インディバ」
が代表的なものです。
また、
「サーマクール」「ハイパースリム」の場合は、
業務用と家庭用の両方があります。

 

使われるのは、電磁波なら「ラジオ波」が最も一般的です。このラジオ波を、体の外から当てます。

 

名前の通り、ラジオ放送にも使われる波長の電波です。このラジオ波が皮膚の中にまで通り、セルライトや細胞を刺激したり、振動させます。この効果で、セルライトが熱を持って軟らかくなったり、細胞の活動が活発化します。

 

セルライトが軟らかくなると、リンパに流れやすくなり体外へも排出されやすくなります。

 

同時に、エネルギーとしても消費されやすくなります。消費エネルギーも増えるので痩身効果があるわけです。

 

また、細胞の活動が活発化するとターンオーバーが進んで、美肌効果があります。

 

⇒フェイバリックスグループ (ハイパースリムSV)
ラジオ波エステでセルライト除去!効果は高い?
・2-2-2.赤外線(光)の場合

 

業務用では「ルミセルタッチ」がよく採用されています。これは光照射と同時に、吸引ローラーの機能もついています。
⇒シーズラボ

 

■光痩身マシンが脂肪やセルライトに効果的な仕組み
光(可視光)の波長は短い方から順番に、紫・藍・青・緑・黄・橙・赤です。これらはだいたい400-750nm(ナノメーター)の範囲に収まっています。周波数で置き換えれば紫が750MHz(メガヘルツ)あたりから始まり、赤が400MHzあたりまでです。

 

ちなみに、この範囲よりも短くて目に見えないものが「紫外線」、長くてやはり目に見えないものが「赤外線」です。

 

近年の美容の世界では、これらの光が利用され、ハイテク美容マシーンでもすっかりおなじみになりました。

 

そのハイテク美容マシーンでは、目的ごとに利用する光の波長が異なります。「ニキビのアクネ金を殺菌」には青、「色素沈着を薄くする」には緑、「真皮を刺激しターンオーバーを促す」には黄といった具合です。

 

こうやって見るとわかるように、短い波長のものの効果は皮膚の表面にとどまり、長くなるほど皮膚の奥まで届きます。そしてそれぞれの深さのところにまでエネルギーを与え、発熱させたり、細胞を刺激しています。

 

脂肪やセルライトの対策の場合、問題になるのは皮膚の最も深い部分です。その部分で脂肪を柔らかくし、細胞活動を盛んにする必要があるのです。なので、使われる光もより波長の長いものになります。

 

たとえば、光痩身マシンの「レイペックス」ならば、採用している波長は630-680nmです。光の色でいえば、赤になります。また、「ルミセルタッチ」という、いくつもの機能を組み込んだセルライト解消マシーンでは、「マゼンタ光」(660nm)と、光の範囲よりもさらに長い「赤外線A波」(850nm)の両方が採用されています。

 

光痩身はどんな方法でセルライトが撃退されるのか?光痩身について知っておこう

 

2-3.ローラーなどで直接的に皮膚を揉みしだくもの

この吸引&ローラーの機能を持っている業務用の機器としては、
「エンダモロジー」「PRセル」
が代表的なものです。

 

※先ほど紹介した赤外線の「ルミセルタッチ」は光照射とともに、この機能を持っています。

 

家庭用の吸引&ローラーの機器ならば、
「ミニセル」があります。

 

皮膚を吸い上げてつまみ出し、そのつまみ出した部分に回転ローラーを当て、集中的に揉みしだく」といった効果があります。エステシャンのハンドマッサージと同じ働きを再現させたものです。
⇒シーズラボ

 

除去マッサージはプロでも難しい!

 

「美容のためのマッサージ」といえば、まずは「リンパマッサージ」を思い浮かべる人がほとんどでしょう。肌をなでさするようにして、リンパを流します。これはコツさえつかめば、自分でもできます。

 

実はもう一つ、皮膚の奥底にこびりつき、ほとんど固体のようになったセルライトを崩すためのマッサージもあります。

 

このセルライト対策のマッサージは、自分ではとても難しいものです。

 

強力に揉みしだく必要があります。素人がやっても、皮膚や筋肉、血管・リンパ管にダメージを与えるだけです。肝心のセルライトには効果はありません。

 

プロにお任せしたほうがいいのがこのセルライト除去のマッサージです。ただ、そのプロであるエステティシャンでも、ハンドマッサージでは上手い下手の差が大きく、なかなか上手い人に巡り合えるかはむずかしいです。

 

そこで、ローラーマシンで一定の除去効果を狙って採用しているサロンが多いのです。

 

・キャビテーション
特殊な超音波で人間が見分けることができないぐらいの小さい振動を与えて、脂肪を軟らかくします。
脂肪を体内に溶けさせて、体外へ排出しやすくする。
セルライトや部分痩せに効果的。
即効性は期待できないが、脂肪やセルライトへ直接働きかけるので効果が高い!

 

⇒シーズラボ など

 

この業務用としては「ライポソニックス」があります。ただし、これは医療用機器なので、エステサロンではなく、美容系のクリニック(医療機関)に行く必要があります。

 

家庭用のものや、業務用でもエステサロンで採用されているものは、ほかの機能と組み合わせてひとつの製品になっているのが一般的です。
キャビテーションでセルライトエステが注目されている理由

自分にはどれがいい?

自分の脂肪やセルライトの
固さや状態に応じて、
使うべき痩身マシンが変わってきます。

 

タイプ別おすすめマシン

 

自分に合ったマシンを採用しているエステを優先的に選ぶのが、痩身の近道です。
体験コースをどんどん使って、一番のエステを見つけましょう。

 

3.エステに通う?、家庭用を買って自分でやる?

 

3-1.痩身エステ

実は痩身マシンは誰が使っても同じ効果があるわけではありません。エステシャンの中でも上手い下手があるのです。扱いが特別なマシンなので、正規の訓練を受けたプロにお任せするほうが、確実です。エステサロンならば、やはり「プロにお任せしている」という安心感があります。

 

⇒最新の痩身マシンがあるセルライトエステはこちら

 

3-2.家庭用痩身マシン

 

これらの痩身のためのハイテクマシンを「家で使えたらいいなぁ」とはだれしも考えるところでしょう。ただ、プロでも扱いが難しいので素人が自分で使っても効果は・・・という可能性もあります。
ただ、コスパがいいのは魅力ですね。

 

 

比較的安いのが、スレンダートーンです。2万円ぐらいからあります。サーマクールも家庭用ならば、同様です。

 

ただし、それ以外は高額です。
ほかのものは10〜20万円、それ以上です。

 

ただ、一回買ってしまうと、その後もずっと使えます。消耗品、交換部品が必要なものもありますが、そう高くはありません。

 

また、繰り返しますが、使いこなすのはなかなか難しいのが現状です。きちんとこの点を考慮して決めましょう。

 

3-3.痩身エステを成功させるために絶対必要なこと

ただ、どちらを選ぶにしても忘れてはいけないことがあります。

 

体外へきちんと排出させる!

 

痩身エステで最新のマシンを使っても、きちんと体外へ排出させないと、そのまま体内に残ってしまうこともあります。
キャビテーションやRF派など、今ある脂肪やセルライトを溶かしていく機械は、きちんと体外へ排出させることを意識しましょう。
マッサージや運動は毎週2〜3回は必要です。

 

生活習慣も見直す!

 

「体脂肪が多い」「セルライトができてしまった」というのは、そもそも、「生活習慣」「食事内容」「運動量」などに問題があるはずです。

 

悪習慣のままでは、どれだけ高いマシンを買おうが、評判のいいエステサロンに通おうが、少し手を抜くと元に戻ります。

 

普段の生活から痩せる生活に変えていく!ことが必要です。


エステ別マシン一覧

フェイバリックス シーズラボ ヴィトレ キレイサローネ
EMS
ラジオ派 ×
光痩身 × × ×
キャビテーション ×
ハンドマッサージ × ×
ドームサウナ

ゲルママット

関連ページ

気になる肌のデコボコ!セルライトって何?
セルライトができる過程、できやすいのはこんな人!
セルライトの種類と判断の仕方
セルライトが引き起こすデメリットと注意点
綺麗になるためのエステでのセルライト対策とは
エステで使うしぶといセルライトを撃退する機器
ダイエットとセルライトの関係性!
セルライトとは何か、溜まるとどうなる?
セルライトができる原因
セルライトを効果的に除去するなら痩身エステがいい!
痩身エステではどうやってセルライトをなくすのか(施術の方法について)
セルライトを取るためにエステを利用することのメリットとは
痩身エステでセルライトを消す時のデメリットってある?
セルライトエステの上手な選び方!失敗しない痩身エステ選びのコツ
セルライトは何回くらいエステに通えば効果がある?回数、期間はどれくらい?
セルライト除去は痛い?エステはつらいって本当?
セルライトエステで内出血やあざができたって本当?
セルライトに効くマッサージ!足のリンパマッサージのコツと基礎知識。
太もものセルライト除去|お尻、ふくらはぎ、脚(足)痩せで美脚になる方法
セルライトの上手な消し方!効果的な潰し方をマスターしてスリムボディに。
セルライトを効率よく潰す、ダイエット方法をご案内しています。正しいやり方で短期間でセルライト除去しましょう。
よく間違える?セルライトと肉割れの違いはいったい何?
セルライト除去、失敗しないポイントおまとめ!
セルライトに運動は良くないって本当?エステに任せたほうがいい理由
妊娠中のセルライト対策、エステは大丈夫?
自宅でできるセルライト除去