EMSはセルライトエステでどう活用されている?EMSの身体への影響見ついて

EMSは多くのサロンで取り入れているマシンです。
サロンなどではダイエットなどで使用されえていますが、筋トレの一環として一流アスリートたちも使用しているマシンです。

 

・EMSは筋力アップが目的のマシン

 

EMSは、筋肉が付きにくい部分に、外部から電気信号を伝え、その刺激で筋肉を付きやすくし、鍛えるマシンです。
サロンでは脂肪を燃焼させやすい体にするための施術として取り入れています。
しかし、ただEMSだけでダイエットしようとしても効果はありません。
筋肉は脂肪より重いため、脂肪を落としても筋肉が付きすぎると逆に体重は増えてしまうのです。
そこで、ヒートマットやドームサウナ、岩盤浴などで全身を温めた後、キャビテーションなどで脂肪やセルライトを分解します。
脂肪やセルライトが分解されている体にEMSを行うことで、リバウンドしない、太りにくい体に変えていきます。
さらに、分解されたセルライトや脂肪を排出させるリンパマッサージなどを行うことでより高い効果を得ることができます。

 

・ダイエットに欠かせない筋力アップ

 

ダイエットにEMSは関係ないと思われがちです。
しかし、ダイエットにおいて筋肉を適度に鍛えることはとても有効なことです。
まず、基礎代謝が高まることによって、脂肪が燃焼しやすい状態になります。
また、脂肪がつきにくく太りにくい体にすることもできます。
高周波のEMSを使用することによって、普段は届かない部分のインナーマッスルが鍛えられます。
インナーマッスルを鍛えると、その周辺にある脂肪も減らすことができるので、なかなか落ちない内臓脂肪なども落とすことができます。

 

・EMSのメリット

 

サロンではダイエットのプロはいますが、筋トレのプロはいません。
だからといって、ダイエットはサロンで、筋トレはジムでと行っていれば、お金も体も持ちませんし、ダイエット効果も薄くなってしまいます。
EMSのマシンであれば、専門家でなくても、パットを置く位置さえわかれば後はスイッチを入れるだけで筋トレができます。
また、どの部位を刺激すればいいのかがわかれば、家庭用のEMSでもダイエット効果をえることができます。

 

・刺激が強いと感じたら早めにスタッフへ

 

EMSは外部から電気信号を体に流すマシンです。
低周波ではさほど気になるような刺激はありませんが、周波が高くなるにつれて刺激も大きくなるため、ピリピリとした痛みを感じる場合があります。
敏感肌体質の人では赤みや炎症、かゆみなどといった肌トラブルを引き起こすこともあります。
カウンセリング時にしっかり相談しておきましょう。
また、外部からの刺激で自動的に筋トレをさせられている状態のため、施術後に筋肉痛を伴うことがあります。
我慢できる程度であればいいですが、我慢できないようであれば次の施術の際に相談してみましょう。
ダイエットマシンの効果は1回で効果がみられるものが多いですがEMSマシンは筋肉に働きかけるマシンのため、1回では効果は見られません。
その為、引き締め効果も期待したいのであれば定期的にサロンに通うようにしましょう。

 

EMSは筋肉を鍛えるためのマシンであり、ダイエットが目的のマシンではありません。
そのため、ダイエット効果をしっかり得たいのであれば、ほかの施術と組み合わせて行うのがおすすめです。
ダイエットの施術とEMSを組み合わせることによって、引き締まったボディになることができます。