セルライト 痛い

セルライト除去は痛い?

セルライト エステ 痛い

 

セルライトを消したくて、マッサージしたりローラーを使ったり、エステへ行くと「痛い」と感じる人がたくさんいます。

 

お腹や二の腕や太もものセルライトを落としたい人が多いでしょうが、特に太ももや下半身は老廃物やリンパがたまりやすく(むくみやすく)、痛みがでやすい箇所です。

 

セルライトは他の脂肪やダイエットと違う点があり、厄介なものです。ここではセルライト特有の痛みの原因と対策をまとめました。

 

エステは痛いって本当?

 

セルライトを除去するためにエステを利用した方で施術中の痛みを訴える方がいます。

 

痛みの度合いは人によって感じ方が異なるものですが、場合によってはかなり強い痛みを感じる方もいます。

 

何で痛いの?

 

セルライト除去の施術で痛みを感じる理由は、頑固な塊と化したセルライトをしっかり壊さなければいけないからです。
壊すためにはしっかり揉みほぐさなければならないため、かなり強い力で揉みほぐします

 

最も痛みを感じるのはエステティシャン自身によるハンドマッサージです。
全身の力を込める感じでセルライトが付いている部分をこねるようにしてマッサージします。

 

店舗によっては専用マシンを使用しながらハンドマッサージを組み合わせたり、専用マシンだけで揉みほぐす場合もあります。

 

いずれにしても頑固なセルライトであるほど強い痛みを伴う可能性が高いと考えられます。

 

 

セルライトは痛くて、あざになるって本当?

 

セルライトをエステでマッサージを受けると、痛くて、アザになったという声も多いです。

 

これは施術の初期段階では、セルライトがかなり固いので痛みは仕方がないといえます。
あざになるのは、リンパ管が傷ついている証とも言えます。

 

また、エステシャンが下手だった…ということもあります。

 

原因はいろいろですが、何度か通ううちに、セルライト自体が柔らかくなって痛みも薄れてくことがほとんどです。

 

それでも痛い、アザが毎回できるという時はエステシャンのレベルのせいともいえるので担当者を変えるか、もっと弱い力でやってもらうよう伝えれば大丈夫です。

 

セルライトエステで内出血やあざができたって本当?

 

痛みの出るマシンは?

 

キャビテーションが痛い

 

セルライト対策に人気のマシンがキャビテーションですが、このマシンが痛いという声も多いです。
超音波によって脂肪を破壊するというアプローチですが、きちんと体内の脂肪に働きかけている、効いている証とも言えますので、痛みにはできるだけ耐えたほうがいいとも言えます。

 

痛みが少ないエンダモロジー

 

エンダモロジーはスーツ着用で行う施術なので、他のマシンよりもワンクッションがあるので痛みは少ないです。
ローラーで揉み、ほぐし、の施術をコンピューターで管理しているので痛みのない強さもきちんとコントロールできます。
ただ、柔らかいセルライトに効果的だが、硬化セルライトには弱いという点もあります。

 

エンダモロジー(LPG)の効果がスゴイ!セルライト対策が体験が安いエステはここ!

 

キャビテーションでセルライトエステが注目されている理由

 

実際の女性の声

実際にセルライト除去の施術を行った方の多くはかなり痛かった、あまりにも痛くて半泣きだったとの感想を寄せるほどです。

 

痛ければ痛いほど施術による効果は感じやすいようで、一回の施術を行っただけでも数センチ細くなったと実感できて驚かれる方がたくさんいます。
むしろ痛くない施術の方が効果がでにくいかもしれません。

 

ある程度痛みに関しては覚悟しておいた方が良いかもしれませんが、不安を感じる方も多いはずです。

 

店舗によっては格安でお試し体験を実施している場合もあるため、お気軽に利用して頂いて施術の痛みや効果を実感してみてはいかがでしょうか。

 

 

≫≫人気のセルライトエステはこちら


 

なぜセルライトは痛いの

 

セルライトにも種類がある

 

セルライトは、体内の脂肪に老廃物やコラーゲンが絡んでできるものです。
進行度合いや原因によって4種類あります

 

・脂肪型セルライト
・浮腫型セルライト
・線維化型セルライト
・筋肉質型セルライト

 

初期の脂肪型セルライトは通常の脂肪に近く落としやすいものです。

 

ただ、これが進行していくと、かなり頑固で落としにくくなります。3年くらいの期間をかけてじわじわ進行していきます。オレンジピールスキンは、初期の段階から肌の奥にできています。

 

セルライトとは何か、溜まるとどうなる?

 

痛みがでるセルライトは、浮腫型セルライトと言われるものです。

 

血管が圧迫されている

 

セルライトが進んでいくと、血管やリンパ管を抑えつけた状態になり、同時にセルライト同士も押し合っているぎゅうぎゅうの状態です。

 

浮腫型セルライトは、リンパの流れが悪いとできてしまいます。つまり、もともとむくみやすい人はセルライトができやすい体質と言えるので危険です。

 

間違ったマッサージ

 

こうした状態であることを知らずに、間違ったマッサージをすると、さらに血管やリンパ管に傷がついてしまいます。これが痛みの原因となります。

 

セルライト自体が痛みを出すわけではなく、セルライトを揉んだり、マッサージをすると痛いのは、この絡み合った状態で力を入れたマッサージをすることで、痛みが出てきます。

 

参考

 

リンパ液を運ぶ管が「リンパ管」です。また、静脈とつながる部分には、多くのリンパ管が集まり、塊になっています。この部分は特に「リンパ節」呼ばれています。
リンパ節は全身に600から800あります。特に大きいのはひざやひじ、わきの下、首にあるものです。

 

セルライトに効くマッサージ!足のリンパマッサージのコツと基礎知識。

 

リンパ管はとても傷つきやすいものです。ただでさえセルライトが原因で圧迫されているのに、さらにリンパ管を傷つけるとセルライトを柔らかくしても体外へ排出されません。そのままセルライトが体内に残ったまま増えていくという悪循環に陥ります。

 

セルフマッサージをするときは慎重に行いましょう。

 

セルライトを潰すのは間違い?!

 

セルライトを消したくて、潰すという言い方をすることが多いですが、正確には潰すことはよくありません。

 

筋肉のコリをもみほぐすような、ゴリゴリ押すことは間違いです。
自宅でセルライトローラーやマッサージを自分でするときに、この間違いをするケースが多いので注意しましょう。

 

正しいセルフのマッサージ方法は?

 

まずセルライトを柔らかくします。
左右の手をそろえて、指も手のひらもいっぱいに使い、親指も広げてワシづかみにします。
そうやって、太ももの肉を少し浮かせた状態にして、手の中にある分を揉みます。
セルライトのできている部分を中心に、順々に場所を変えていきます。左右各10分ぐらいがメドです。

 

太もものセルライト除去、お尻、ふくらはぎ、脚(足)痩せで美脚になる方法

 

次にリンパマッサージです。

 

・手足の先から心臓へ向かって流す
・さする、なでる間隔で充分
・お風呂上りなど先に体を温める

セルライトに効くマッサージ!足のリンパマッサージのコツと基礎知識。

 

基本的な知識をおさえておくことで、セルライトは効率よく落とすことができます。

 

リファを使ったら、セルライトが痛いんだけど

 

 

4つのローラーで
つまみ流す、つかみ絞るという動きをしてくれる、セルライト対策に便利なリファボディ。

 

これを使ったら痛かった!という場合は、
セルライトが使い始めはまだ硬い状態だからです。使ううちにセルライトも柔らかくなり、痛みが和らぎますので、継続してしばらく使ってみましょう。
または、自分の力が強くてゴリゴリ押しすぎていないかも気をつけましょう。

 

まとめ

 

自分でするのがはじめは不安だなという場合は、エステに行ってマッサージを受けてみるのが理解が早いです。

 

また、最新のセルライト専門のマシン(エンダモロジー、ハイパーナイフなど)は、痛みが出にくいのにセルライトを柔らかくしてくれます。

 

500円から体験できるエステがたくさんあるので、気軽に見てみましょう。

 

→→人気のセルライトエステランキング