セルライトができやすい人の特徴と、できる仕組み

女性の8割にセルライトがあるといいます。

 

セルライトというのは脂肪細胞に老廃物が蓄積され、大きく肥大した状態をいい、お尻や太もも、二の腕などにできやすいと言われています。

 

見た目にもデコボコとした醜い状態なので、セルライトを除去したいと悩む女性は多くいます。

 

このセルライトは一度できてしまうと自然に解消することはなく、何らかの対処をしなければなりませんし、しかも自分でセルライトを解消するのには時間と根気が必要になってきます。

 

 

セルライトは、なぜ女性にできやすいの?

セルライトは男性に比べて女性の方ができやすいです。

 

理由1 女性の体には皮下脂肪がたくさんつく。

 

男性に比べて女性の体には皮下脂肪が付きやすいようにできています。皮下脂肪は妊娠した場合赤ちゃんを守るため、また断熱のために必要な脂肪です。

 

脂肪には内臓脂肪と皮下脂肪の2種類ありますが、
内臓脂肪は男性につきやすくまた脂肪燃焼の際は内臓脂肪から優先して燃焼される性質があります。

 

皮下脂肪は後回しになるので、長く体にとどまる傾向があります。
そのためセルライトにもなる可能性が高くなります。

 

理由2 女性ホルモン(黄体ホルモン)の働き

 

黄体ホルモンは、栄養を蓄える性質があるためむくみやすくなります。
排卵後から生理が始まるまでの間に黄体ホルモンは分泌されますが、このホルモンの働きで甘いものが食べたくなったりします。また水分も蓄えていくので、結果的にむくみになりセルライトにつながりやすくなります。

 

セルライトは冷え性やむくみやすい人にできる

 

セルライトの1番大きな原因はむくみです。

 

セルライトは脂肪細胞に老廃物が蓄積されることでできます。
つまり、セルライトができやすいのは血行やリンパの流れが滞りがちな人と言えるでしょう。

 

冷え性や代謝の悪い女性、立ち仕事など長時間立ちっぱなしなど、むくみやすい人は、自然と老廃物と皮下脂肪が絡み合ってセルライトができやすい環境にいることになります。

 

運動をあまりしない人、クーラーの効いた部屋に長時間いる、ヒールの高い靴、締め付けのきつい衣服、タバコ
なども代謝が悪くなる一因になりますので、注意しましょう。

 

セルライトができる仕組み・メカニズム


kubotabiken.co.jp

 

セルライトができる仕組みは、
@
まず冷えやむくみ、代謝の低下など、さまざまな原因で
血行が悪くなり体に老廃物が溜まることから始まります。
A
脂肪細胞の代謝が悪くなり脂肪細胞が大きくなって(2〜3倍になることも)、血管が圧迫されることでさらに血行不良になります。
B
そして脂肪細胞同士がくっつき、老廃物と共に大きな塊になり、デコボコとした状態になるのです。

 

これが醜いセルライトが生まれるステップです。

 

 

セルライトの構造

 

皮膚のすぐ下には表皮、真皮があります。

 

セルライトはその下の皮下組織に溜まります。脂肪も肥大化しているので、かなり進行したセルライトは見た目で凸凹が分かるくらいになります。

 

正常な皮下脂肪と異なり、肥大化してしまった脂肪がお互いに膨れ上がることで、隙間がなくなります。また、脂肪とコラーゲン繊維も隙間なく触れ合うことで、その結果、リンパ液や老廃物が停滞してしまいます。これがセルライト組織です。

 

 

セルライトができる原因はいろいろ

 

セルライトができる原因は、冷えやむくみの他にもいくつか考えられます。

 

例えば

 

・ホルモンバランスの崩れ、
・加齢による代謝の低下、
・運動不足、
・寝不足などの不規則な生活、
・肉中心の欧米化された食事

 

などの原因が複雑に絡んでいると考えられます。

 

セルライト解消に向けて、セルライトの原因を考えてみることが必要になるでしょう。

 

 

 

急激に太るのも痩せるのもセルライトができる

急に太るのは、脂肪の数が増えるだけでなく、肥大化も進み、セルライトも同時に増えやすくなるので、避けないといけません。

 

急激に体重が下がるようなダイエットは、実のところ、筋肉が先に落ちていることがほとんどです。セルライトの凸凹は目立ってしまいます。
確実に痩せるには、筋肉量を増やして脂肪を燃焼させるように、代謝を上げることが必要です。
筋肉を落とすのは本末転倒です。
年齢を重ねると、代謝は落ちてきて、お腹やお尻、太もも、二の腕などの部位の脂肪やセルライトは落ちにくくなります。
きちんと計画的に筋肉をつけて、代謝を上げながらダイエットしないと、どんどん体形は崩れていく一方です。

 

セルライトがなくなるのは、どんな仕組みなの?

効率よくセルライトを落とすために意識する点は2つです。

 

@代謝を良くする

 

セルライトの特徴は、老廃物が排出されずに体内に長くとどまることが原因です。
なので、老廃物を体外に排出するには血液とリンパ液が正常に流れることが必要です。運動する、リンパマッサージする、一般のダイエットをする感覚で効果的です。

 

A硬いセルライトを柔らかくする

 

セルライト自体は長年放置して悪化すると、どんどん固くなります。まずはこの凝り固まったセルライトを柔らかくする、液体化することが必要です。
硬化セルライトの場合はセルフケアではなかなか難しいので、皮膚深部まで熱を届けてくれる痩身マシンキャビテーション、エンダモロジーなどを利用することがおすすめです。
エステを使うか、家庭用のマシンを使うのがいいでしょう。

 

 

セルライト対策は?セルライト除去で効果的な方法

 

セルライトを潰す

正確にはセルライトを無理につぶすことは、血管やリンパ管を痛めてしまうので、避けたほうがいいでしょう。
セルライトローラーでセルライトを柔らかくする、リンパマッサージで揉みほぐす、などセルフケアがおすすめ、。
またエステでセルライト専用のマシンを使うのも便利です。

 

セルライトにいい筋トレや運動

エクササイズでセルライトを辞去することもできます。

 

身体の代謝を上げて、運動すれば通常の脂肪と同じようにセルライトも小さくなっていきます。ただ、セルライト初期の柔らかい状態の場合です。

 

運動することで初期セルライト(脂肪型、むくみ型)は燃焼させていくことはできますが、繊維型、筋肉質型などの硬化セルライトは通常のエクササイズでは落としにくいので、エステを利用するのがおすすめです。

 

 

セルライトのエステ

セルライトに特化したコースも用意されたエステがおすすめです。
専門の知識が豊富なので、自分の体質に合った痩身方法をみつけてくれます。

 

痩身マシンも、セルライトバスターと呼ばれる、セルライト向けに開発されたマシンは、各社人気が高いです。
ラジオ波、エンダモロジー、キャビテーション、ルミナスタッチなどいろいろなアプローチで脂肪やセルライトを解消してくれます。
キャビテーションは、痛みを感じることもありますがそれだけ脂肪に効いている証なので、我慢して施術を受けることで、きれいなボディラインが手に入ります。

 

⇒ おすすめセルライトエステランキングはこちら

 

食事を変える

 

代謝を上げる食材は、ダイエットにも健康にもオススメです。食習慣を見直して、スナック菓子、砂糖、甘いものを避けることもセルライト対策には大切です。

 

 

 

≫≫女性に人気のおすすめセルライトエステランキングはこちら

 


関連ページ

気になる肌のデコボコ!セルライトって何?
セルライトの種類と判断の仕方
セルライトが引き起こすデメリットと注意点
綺麗になるためのエステでのセルライト対策とは
エステで使うしぶといセルライトを撃退する機器
ダイエットとセルライトの関係性!
セルライトとは何か、溜まるとどうなる?
セルライトができる原因
セルライトを効果的に除去するなら痩身エステがいい!
痩身エステではどうやってセルライトをなくすのか(施術の方法について)
セルライトを取るためにエステを利用することのメリットとは
痩身エステでセルライトを消す時のデメリットってある?
セルライトエステの上手な選び方!失敗しない痩身エステ選びのコツ
どのくらいの頻度、期間、回数、痩身エステに通ったらセルライトはなくなるの?
セルライト除去は痛い?エステはつらいって本当?
セルライトの好転反応?エステで内出血やあざができたけどどうすればいい?
セルライトの機械、エステで話題の痩身機器。3タイプの最新マシンを比較!
セルライトに効くマッサージ!足のリンパマッサージのコツと基礎知識。
太もものセルライト除去はエステでできる?お尻、ふくらはぎ、脚(足)痩せで美脚になる方法
セルライトの上手な消し方!効果的な潰し方をマスターしてスリムボディに。
よく間違える?セルライトと肉割れの違いはいったい何?
セルライト除去、失敗しないポイントおまとめ!
セルライトって運動で落ちるの?運動は良くないって本当?
妊娠中のセルライト対策、マッサージやエステは大丈夫?
自宅でできるセルライト除去、人気のセルライトグッズはこれ!
ふくらはぎ痩せる方法は?即効で細くなるポイントはこれ!
エステの二の腕痩せでセルライトを除去することはできる?