セルライトって運動で落ちるの?運動は良くないって本当?

 

できてしまったセルライトを何とかしたいなという場合に、運動して痩せよう、セルライト解消しようとする人は多いでしょう。

 

また、セルライト対策に運動してはダメという声もあります。

 

セルライトは特殊なものなので、やみくもに運動すればいいわけではありません。

 

ここではセルライトを運動で落とすポイントと、運動を控えた方が良い場合の注意点とをご紹介しています。

 

 

セルライトとは

セルライトとは、体脂肪に老廃物などが付着することでできるものです。
水分や老廃物がコラーゲン繊維と絡みついて脂肪細胞に付着することでできてしまいます。
セルライトには4タイプがあり、ひどくなるとオレンジピールスキンなど、見た目にも綺麗なものではなくなります。

 

また、セルライトを放置しておくと、どんどん硬くなって落としにくくなります。
血管やリンパ管を変形させてしまい、その結果、慢性的に血行やリンパの流れが悪くなり、慢性的な冷え性・肩こり・生理痛・腰痛・坐骨神経痛などにつながる恐れがあります。
セルライトの種類と判断の仕方

 

セルライトって運動で落ちるの?

 

セルライトが初期の場合は運動することで効果的にセルライトを落とすことができます。
女性の身体の場合、脂肪やセルライトが蓄積しやすいので運動を日頃からおこなうことで、たくさんのメリットがあります。

 

一番のポイントは

 

・体の代謝を上げる
・有酸素運動する

 

この2点です

 

筋肉をつけて代謝を上げる

 

全身の基礎代謝が下がることで脂肪がたまりやすくなります。
また、むくみの原因にもなり、その結果お腹や太もも、下半身などの脂肪がたまりやすくなってしまいます。

 

筋肉を全身につけることで、基礎代謝を上げることができます。脂肪燃焼を促進させてくれるので、筋肉不足と感じたらまずは筋トレをしましょう。
始めは自宅での腹筋、スクワットなど簡単なものでも大丈夫です。普段使わない筋肉に刺激を与えるだけでもだいぶ変わります。
慣れてきたらジムを利用するのもいいでしょう。

 

有酸素運動で脂肪燃焼させる

 

 

セルライトを落とすには有酸素運動が効果的です。しっかり続けることで目に見えて効果を感じることができます。

 

セルライトは運動不足が原因!

 

運動不足が原因で基礎代謝が落ちている人が多いです。運動をきちんとすることで、太りにくく、セルライトもつきにくい体質に変わっていくので一石二鳥です。

 

有酸素運動は、激しさよりも20分以上続けることが大切です。
20分以上続けることで、体の脂肪が血液の中に溶け出していき、体脂肪を燃焼させていきます。

 

激しい運動を5分10分やったり、ゆったりとした運動を40分やるというよりも、20分の運動を2セット、3セットと回数をこなしていく方がより効果的です。

 

 

 

ウォーキング

ウォーキングは手軽に始めることができて、脂肪燃焼効果も高くておすすめです

・背筋を伸ばす
・目線は遠くに、上を見る
・一定のテンポで歩き、着地の衝撃を減らすためにかかとから着地する

 

こういった点を注意して毎日20分以上続けるだけで、きちんと脂肪燃焼ができるので簡単です。

 

 

水泳

全身の筋肉を使うので、エクササイズ効果も非常に高いです。

 

水の抵抗を受けることで全身に丁度いい負荷がかかります。一方で体の関節を痛めないので膝が痛いという人でも始めることができます。
近くにプールやジムがあるならおすすめです。

 

ヨガ

 

人気のホットヨガは、高温多湿の環境で行うので代謝改善も、運動効果も高くて効率的です。

 

ホットヨガの1時間あたりの消費カロリーは330キロカロリー
水泳のクロールでは1時間あたり1044キロカロリー
ジョギングでは1時間あたり447キロカロリー

 

他のものよりは消費カロリーは控えめですが、いろいろなポーズをすることで、ストレッチ効果、柔軟効果があり、メリットはとても大きいです。

 

ジョギング

 

ジョギングやマラソンも脂肪燃焼効果は高いです。
ただしハードな割にはウォーキングに比べて脂肪燃焼の効率は悪いです。
セルライト対策でジョギングをする場合は、早すぎないペースで20分以上走るということを意識しましょう。ウォーキングと同じく一定のペースで走ることがポイントです。

 

 

自転車

街中で走る自転車でも、室内でのエアロバイクでも、ともに足痩せ効果が高いです。

 

特に太もものセルライトを落としたい、下半身痩せをしたいという人は消費カロリーが高いエアロバイクを利用するのがおすすめです。
20分を目安に、負荷の大きすぎないペダルの重さで続けることで充分こうかがあります。

 

 

・スクワット
・踏み台昇降
・ボクシング

 

もおすすめです。

 

 

注意点

心拍数を上げすぎないようにしよう

有酸素運動やトレーニングの場合、心拍数を上げすぎると脂肪燃焼効果が下がることがあります。

 

体内の糖質をエネルギーとして使ってしまい、結果的に脂肪燃焼の働きがなおざりになってしまいます。
焦らずに、心拍数を上げすぎないで長時間継続することが一番のポイントです。

 

日頃から気をつけること

また

・体を冷やす食べ物、飲み物を避ける
・シャワーではなくきちんとお風呂に入る
・日頃から汗をかくようにする
・濃い味付けの料理を避ける

 

といった対策も一緒に行うと効果的です。食事を見直す、運動しない生活を見直す、という点をいつも意識しておくことがセルライト除去の近道です。

 

リンパマッサージも同時にやろう

こうした運動はと一緒にマッサージも行うと相乗効果が期待できます。体内に溜まった老廃物をきちんと体外へ出すことで、血行もリンパの流れもよくなります。

 

ただ、我流で行うと血管を痛めたりマイナス効果にもなるので、力を入れすぎない正しい方法を覚えておきましょう。

 

 

セルライトに効くマッサージ!足のリンパマッサージのコツと基礎知識。

 

セルライトを除去するのにジムに行った方がいい?

 

上記に挙げた有酸素運動は自宅でもできますが、ジムに行くことで色々なマシンがあり、より効率的に運動ができます。

 

今は、エニタイムフィットネスなど24時間オープンしているジムもあり、月額制でいつでも利用できるので気軽に通えます。

 

筋肉量をアップさせるにはパーソナルトレーナーについてもらうこともおすすめ。セルライトを落とすためだったら、激しすぎないメニューをお願いすれば考えてくれます。
筋肉をどんどんつけていきたい!という人にもジムはおすすめです。

 

セルライトの運動の期間はどのくらい?

 

運動の効果が出てくるのは2ヶ月から3ヶ月です
最低でもこの期間は継続して運動を続けることが大切です。
週に一回とか気が向いた時だけとか不定期に行うよりは、毎日一定のペースで続けた方が効果も早く出ます。

 

有酸素運動のウォーキングやヨガなどは、簡単に自分でもできるので毎日続けることがおすすめです。

 

筋肉をつける場合は、1日行って2日休むというペースがベスト。
筋肉を壊すときと回復させる期間とを考えてトレーニングをすることが大切です。

 

セルライトがなくなると痩せるの?

 

セルライトがついていると痩せにくくなるのは確かです。

 

セルライトを放置しておくとどんどん硬くなって落としにくくなります。
セルライトは、放置すると血管やリンパ管を変形させてしまいます。
その結果慢性的血行が悪くなりリンパが流れなくなります。

 

なのでセルライトは初期の段階から、気づいたらすぐに運動を始めて、意識して落とすようにしましょう。

 

 

セルライトに運動は良くないって本当?

 

美しい体を手に入れたいと考えるとき、目にもしたくないのはセルライトですよね。

 

そのセルライト、手遅れかも

単に腕や脚をブヨブヨにするだけではありません。ある程度の近距離から見ると、その皮膚の表面が汚くなっていることも多くあります。デコボコしてまるでオレンジの皮のよう。もしセルライトの知識が全くないと、肥満とは別のトラブルを抱えていると考えるかもしれません。
これもセルライトが発生させたもので、その様子から「オレンジピールスキン」といいます。

 

ここまでになってしまうと、もう運動だけでは落ちない可能性があります。それどころか運動することで、セルライトを悪化させることさえあるようです

 

運動が逆効果の理由

 

セルライトがまだ初期の場合
セルライトも元は皮下脂肪です。それが長らく放置され、脂肪と脂肪がくっついてしまう、あるいは脂肪とほかの老廃物が混じり合ってしまう。そうなって塊と化したものです。

 

だったら、皮下脂肪と同じように、新陳代謝を高めて、血液やリンパの流れを促せば、体外へと排出できるんじゃないの?と普通は考えるでしょう。また、運動でエネルギーに変えてしまえば燃焼してしまう、とも。

 

セルライトもまだ初期なら、そういう期待してもいいです。

 

初期以降の中期になると危険

でもそれを過ぎると、今度は血管やリンパ管の心配もしなければなりません。

 

というのは、セルライトの固まりは、リンパの流動も詰まらせるところまできています。
もっと問題なのは血管です。すでに毛細血管は切断されるところまできています。きわめてもろくなっています。

 

ここへ急に激しい運動をして、急激に血流を起こさせると、血管の壁から血漿(けっしょう)が漏れだし、セルライトを悪化させてしまいます。

 

強いマッサージや入浴も同様です。

 

もし、運動をするならゆっくりゆっくり刺激にならないように軽いものをする必要があります。

 

セルライトエステなら、きちんと対応

セルライトの状態をきちんとみて、的確な対応をしてくれるのがエステサロンです。
とくにシーズラボは、100人100通りのオーダーメイドケアを徹底しているメディカルエステです。

 

はじめのカウンセリングで、セルライトの状態をきちんと診断してくれるので安心です。

 

セルライト徹底攻略コース

 

 

関連ページ

気になる肌のデコボコ!セルライトって何?
セルライトができやすい人の特徴と、できる仕組み
セルライトの種類と判断の仕方
セルライトが引き起こすデメリットと注意点
綺麗になるためのエステでのセルライト対策とは
エステで使うしぶといセルライトを撃退する機器
ダイエットとセルライトの関係性!
セルライトとは何か、溜まるとどうなる?
セルライトができる原因
セルライトを効果的に除去するなら痩身エステがいい!
痩身エステではどうやってセルライトをなくすのか(施術の方法について)
セルライトを取るためにエステを利用することのメリットとは
痩身エステでセルライトを消す時のデメリットってある?
セルライトエステの上手な選び方!失敗しない痩身エステ選びのコツ
どのくらいの頻度、期間、回数、痩身エステに通ったらセルライトはなくなるの?
セルライト除去は痛い?エステはつらいって本当?
セルライトエステで内出血やあざができたって本当?
セルライトの機械、エステで話題の痩身機器。3タイプの最新マシンを比較!
セルライトに効くマッサージ!足のリンパマッサージのコツと基礎知識。
太もものセルライト除去はエステでできる?お尻、ふくらはぎ、脚(足)痩せで美脚になる方法
セルライトの上手な消し方!効果的な潰し方をマスターしてスリムボディに。
よく間違える?セルライトと肉割れの違いはいったい何?
セルライト除去、失敗しないポイントおまとめ!
妊娠中のセルライト対策、エステは大丈夫?
自宅でできるセルライト除去
ふくらはぎ痩せる方法は?即効で細くなるポイントはこれ!
エステの二の腕痩せでセルライトを除去することはできる?